できもの-なび♪

できもの-なび♪ではイラスト図解付きで、にきびの治療法をわかりやすく解説しています。

◆にきびの治療法〜できもの-なび♪(もくじ)

◆にきびとは?

 にきびとは、一般的に
●面ぽう
●紅色丘疹
●膿疱(のうほう)
 と呼ばれる症状が混在して確認されるできものの症状を指します。

 面ぽうとは、にきびの発症の元となるもので、
●毛穴の出口部分に皮脂がたまる症状
 が確認され、見た目はブツブツした形状をしております。
 この、面ぽうに、にきびの要因である
●アクネ桿菌
 が細胞に常駐し、赤っぽい炎症(紅色丘疹)、膿(膿疱)をもたらすものが、一般的に言われる「にきび」となります。

◆にきびの種類について

 にきびに関する記事を見ると、よく
●白にきび
●黒にきび
 という表現が出てきますよね。
 この白にきびと黒にきびの違いっていったい何なのでしょう?

 白にきび、黒にきびとは、医学的用語ではありません。
 この名前の由来は、にきびの見た目の色からそのままつけられているんだそうです。
 白にきびは、皮膚の表面に蓋がかぶさっていて、内部に膿が溜まっている状態のにきびです。
 そして黒にきびは、芯部分に穴があいており中の黒い部分が見えている状態のにきびです。
 この見た目の色の違いで、呼ばれていたんですね〜♪

◆にきびの治療法について

 にきびの治療の基本は、何よりもまず毎日の洗顔が大切です。
 皮膚を清潔に保ち、毛穴に溜まった皮脂を取り除き、皮脂が溜まらないようにしなければいけません。
 また、毎日のケアと平行してにきびの根源である「アクネ桿菌」に対する治療も行います。
 アクネ桿菌の治療に使用されるお薬は
●抗菌薬含有クリーム(軟膏)
●テトラサイクリン系抗生物質(内服薬)
 などのお薬が強い効果を発揮します。

にきびの治療の基本【イラスト図】

◆にきびの治療・予防にケミカルピーリング

 ケミカルピーリングとは、天然成分である
●乳酸
●リンゴ酸
●クエン酸
●グリコール酸

 などの天然フルーツ酸(AHA)の酸性液を皮膚に塗り、皮膚を傷つけることなく皮膚の表面の古くなった角質層をうすく剥がしていく治療法です。
 ケミカルピーリングは皮膚の再生効果、新陳代謝の活性化作用を高める働きが確認されており、現在注目を集めている治療法です。
 ケミカルピーリングは医療機関及び、エステなどで治療を行う事ができます。
 医療行為として認められている治療法ですが、エステなどの場合は、当然医療行為は認められていない為、酸濃度の低い施療を行っているのが現状です。